安全追求型ガイデッドサージェリー|京都市伏見区の歯医者 いくま歯科医院

京都市 いくま歯科医院
HOME HOME >> 診療方針・治療案内 >> インプラント >> 安全追求型ガイデッドサージェリー

安全追求型ガイデッドサージェリーとは

インプラントは顎の骨にドリルで穴を開けて人工の歯根を植えることです。

顎の骨の中には決して傷つけてはならない臓器があります。

上あごには骨のすぐ下に鼻の穴や副鼻腔や比較的大きな血管などがあり、安易なインプラントの埋入は大出血やインプラント体が副鼻腔に落ち込んだりして取れなくなってしまうことがあります。

また前歯ではインプラントはくっついたものの見た目に問題となることがあります。

下あごの場合は中に大きな神経がありこれを傷つけると顎のしびれが一生取れなくなってしまうこともあります。また、間違って顎の骨から出てしまうようなことがあると大出血を起こして重大事故につながることもあります。

では見えない骨の中のリスクを避けるためにはどのような方法をとればいいのでしょうか?

まずはレントゲンで骨の中を見ることです。


レントゲン

たとえばこのケースでは右下の歯がありませんのでこちらにインプラントを希望されました。

みると親知らずに奥歯が引っ掛かって埋まってしまっています。歯を抜かないことを希望されているのでこの狭い間に2本のインプラントを入れなければなりません。

しかもこのレントゲンでは立体的な骨を平面で見ているので正確性に欠けます。

そこでこの骨を立体的に正確にとらえるためにCTを撮影します。


CT

CT


これはレントゲンの平面像では見ることのできない顎の骨を輪切りにした画像です。これが前後的にずれて骨から外れてしまうと大事故につながります。

さらにこのCTのデータを解析して骨の立体画像を作り出します。

立体画像


これを半透明にして、骨の中の神経や埋まっている歯に当たらないかをシミュレーションします。

しかしこのシミュレーションを実際のオペで全く狂いなく再現するには絶対にフリーハンドでは不可能です。

ではこれを寸分なく再現するためにはこのシミュレーションデータをメールでスウェーデンのノーベルバイオケアの本社に送信します。

立体画像


するとそのデータをもとにこのような手術用の器具が送られてきます。

これを患者さんの口腔内に装着して、この穴からドリルを通して手術を行い、インプラントを挿入します。

ドリルにはストッパーも付いているので間違って深く削りすぎてしまうことは絶対にありませんし、左右的にもずれは1ミリ以下になります。

結果としてこのように狭い場所にもシミュレーション通りのインプラントの埋入をすることができます。

手術用器具


結果は1ミリもずれると危ないケースも厳密に計画通りの場所に埋入することができました。

インプラント

インプラント


インプラント

このように当院で行っているガイデッドサージェリーは術者の技量を人間のレベル以上にまで高める手伝いをしてくれます。

またガイデッドサージェリーの利用法はこれだけではありません。

このように総入れ歯の方の場合は、インプラントのオペをした上に入れ歯を入れて固まるのを待つのが難しいため、手術した当日にインプラントを使った固定式の仮歯を入れる必要があります。

総入れ歯

この場合もコンピューターシミュレーションをすることによってあらかじめ手術後に使う仮歯を用意することができます。

このように仮歯との位置関係や神経との距離を正確にシミュレーションできます。

これによって当日3時間から4時間ほどで

総入れ歯


総入れ歯

このように固定式の仮歯で帰ることができます。

総入れ歯

最終この方は歯ぐきがかなり痩せてしまっていたので、人工の歯ぐきのついた固定式の歯となりました。

はずす必要もなく、ほとんどのものが食べられるようになりました。


次はコンピューターシミュレーションをしたおかげで手術が大幅に簡単になった例です。

左上の歯が2本欠損してしまっていますが、長年入れ歯を使っていたこともあって骨が大きく吸収してへこんでしまっています。

2本欠損


今までなら歯ぐきを切って開き人工骨を足すか、上の副鼻腔に人工骨とインプラントを飛び出させるリスクのある大変な手術が必要でしたが、コンピューター上でシミュレーションすることで狭い骨を正確に捕まえて、歯茎も切らずに1時間以内の簡単な手術でインプラントを埋入することができました。

2本欠損


このように手術を単純にすることで患者さん、術者共に楽に安全に手術を行うことができます。

ガイデッドサージェリーの利点

  • 骨を立体的にとらえることによってインプラントの安全性が増す。
  • 手術を単純化することができる。
  • 正確な手術ができる、位置のずれのリスクが少なくなる。
  • 位置があらかじめ分かっているので仮歯を事前に用意することができる。

ガイデッドサージェリーの欠点

  • 必ずCT撮影が必要なのでその分コストがかかる。
  • 手術までの来院回数と手間が増える。
  • 奥歯などで使えないケースがある。
  • 安全性は高いが決して簡単というわけではない。

その他、インプラントについての疑問・質問はいくま歯科医院までメールにてお気軽にお問合せください。診断については必ずご来院下さい。電話での質問等についてはご返答しかねます。


診療方針・治療案内へ戻る


Copyright © 2010-2017 Ikuma Dental Clinic. All Rights Reserved.
京都市 いくま歯科医院 MENU